院長挨拶

院長挨拶

この度、京阪伏見桃山駅、近鉄桃山御陵前より徒歩2~3分の地に下村哲也内科クリニックを開院させていただきました。

京都府立医科大学を平成5年卒業後、同附属病院や関連病院にて消化器疾患を専門に内科一般の診療に携わってまいりました。前任の第二岡本総合病院では内視鏡内科部長および内視鏡センター長として微力ながらセンターの立ち上げからその発展に尽力してまいりました。同センターの胃、大腸の内視鏡治療の大半を担当し、近隣の医療機関からも評価を頂けたという自負もあります。

今回、それらの経験とスキルを活かして消化器病変の早期発見・早期治療を第一の柱に、高齢化社会においてかねてから重要と考えていた生活習慣病の予防・早期治療をもう一本の柱に、地域にねざした医療をしたいと考えるに至りました。生活習慣病の予防から一般内科や消化器疾患の治療まで一人一人の患者様とトータルケア―でかかわっていき、地域の人々のお役に立ちたいと考えております。

<院長プロフィール>

出身地
京都市生まれ 京都育ち
京都教育大付属高校卒業
主な略歴
京都府立医科大学卒業
京都府立医科大学付属病院
吹田済生会病院 内科
田辺中央病院 消化器科 医長
星が丘厚生年金病院 消化器科 医長
第二岡本総合病院 内視鏡内科部長 内視鏡センター長
所属学会・資格
医学博士
日本内科学会 認定内科医
日本消化器内視鏡学会 専門医 前指導医
日本消化器病学会 専門医 前指導医